topimg
 
イベント観る食・名産品泊まる・温泉遊ぶリンク
トップ > 観る > 碇ヶ関地域 > 葛西善蔵文学碑
葛西善蔵文学碑

 

 
kasaizenzou
明治20年1月16日弘前市に生まれ、
7歳から15歳まで母の実家がある碇ヶ関に居を定めました。
その後上京し長い無名時代の後、
大正7年に短編「子をつれて」を発表し文名を高くしました。
大正から昭和にかけて私小説において名を高め、
「私小説の神様」とも言われました。
昭和3年7月23日、41歳で東京都世田谷区にて病死しました。

■アクセス

・東北自動車道碇ヶ関I.Cから車で20分

■期  間

冬季間を除く期間

■お問い合わせ

平川市役所商工観光課
電話:0172-44-1111 
FAX:0172-43-5005
Googleマップはこちら